お客さまの希望に沿って観光コースを組み立てます。

尾道コース > 尾道観光気ままコース

尾道観光気ままコース


尾道観光気ままコース
お客さまのご希望や条件をお伺いしながら、オーダーメイドの尾道観光コースをご案内いたします。
下記の表には載っていない、お客さまの訪れたい場所もご相談に応じます。
自分流・尾道観光(気まま)コース
目的地と経由場所滞在所要時間見どころや、通な楽しみ方
なかた美術館約60分ピサソ、ルオー、セザンヌ、レオナール・フジタ (藤田嗣治)などの巨匠から、日本を代表する梅原龍三郎、中川一政、林武、須田国太郎、小林和作などの作品コレクション。庭園も散策できる。尾道駅、新尾道駅から車で5分。
0m
0m
館内にフレンチ レストラン
瑠璃山(浄土寺山)約20〜40分浄土寺山の山頂から見た尾道の眺めは最高!!山頂の浄土寺奥之院満福寺から不動岩まで散策するのも良い。尾道駅、新尾道駅から15分。
浄土寺約40分〜90分聖徳太子創建と伝えられ,国宝の本堂,多宝塔を始め文化財の宝庫だ。本堂、阿弥陀堂、方丈の間から見る茶室露滴庵と日本庭園、ご希望により抹茶や宝物館の拝観も楽しめる。尾道駅、新尾道駅から車で10分。
450m
450m
1.0km
高見山約15〜20分シーボルトやトーマス・クックを魅了した世界有数の美しさを誇る瀬戸内海。その美しさは地中海やエーゲ海を超えるという。なかでも、高見山から望む瀬戸内海の景色には言葉を失うだろう。運が良ければ四国連山も望める。尾道駅から車で20分。
西國寺約30分〜約50分大草履の仁王門、金堂に至る石段、山の斜面に展開する七堂伽藍が美しい。尾道名誉市民で色彩の魔術師といわれた小林和作の墓もある。ご希望により持仏堂の内観もできる。
900m
750m
1.0km
立花海岸約10分〜15分因島大橋を間近に白砂青松の瀬戸内海で、童心にかえって海辺で遊ぶ。尾道駅から車で30分。高見山から車で15分。
洋食

むかいしま洋らんセンター約25分〜約60分200〜300種類約5万株のランを楽しめ、芝生広場は最高の憩いの場だ。展示棟には20〜30種類のランが咲き誇り、しばしリゾート気分。センターの周囲を巡る散策道もあり、野草やバードウォッチングまで楽しめる。車で尾道駅前からフェリーに乗って15分。
0m
カレー
センター内芝生広場
持光寺の「にぎり佛」約60分浄土宗持光寺には国宝・絹本着色「普賢延命像」(1153)や江戸時代の女流画家・平田玉蘊の墓があることで知られているが、もうひとつ有名なのが「にぎり佛」だ。松岡昭禮ご住職は、大の陶芸ファン。あるとき、ご住職が土に向かい作陶中、手に残った粘土が佛さまのお顔に見えた。これは一塊の土の中にも佛が宿っておられる証と思われ、寺内の「お庭窯」で焼かれたのが「にぎり佛」の始まりという。仏さまのお顔には作者の心が現れる。尾道七佛めぐりの西から始めると一番目の寺だ。
500m
500m
500m
花の寺「天寧寺」約30分尾道七佛めぐりの寺でもある曹洞宗天寧寺は、市街地から千光寺山山頂を結ぶロープウェイ山麓駅入口から国道2号線沿いに西150m位のとこそ参道入口がある。4月初旬から5月にかけて山陽本線のガードを潜り石段を上り山門を入ると、右手の庭には、枝ぶりの良い枝垂れ桜の美しい姿に心を奪われる。この時期を終えると、次は白木蓮、さらに華麗なる牡丹が色とりどりに咲き誇る。本堂の左側に祀られる「賓頭盧(びんずる)」は通称“さすり仏”と呼ばれ、病人が患っている箇所と同じ部分を撫でると治るという信仰があり、また山門の右側に祀られる「烏す沙摩明王」は、腰から下の病気を治してくださるといい伝えられる。
180m
100m
100m
カフェ
和食
洋食

  • 尾道観光気ままコース
  • 尾道観光気ままコース
  • 尾道観光気ままコース
  • 尾道観光気ままコース
  • 尾道観光気ままコース
  • 各車輌の定員数は小型車(4人)・中型車(4人又は5人)、大型車(4人)、ジャンボ車(9人)となります。
    ●その他ご希望の場所をお申しつけください。可能な限り、お客様の希望されるコースの組み立てをご提案いたします。
    バックリンク(0) 参照(1343)