尾道市内→阿伏兎観音→鞆の浦史跡めぐり/対潮楼/七卿落遺跡など→鞆の浦

鞆の浦コース > 尾道発/鞆の浦観光3時間半

尾道発/鞆の浦観光3時間半


尾道発/鞆の浦観光3時間半
 鞆の浦は、古くは万葉の時代から潮待ちの港として栄え、柿本人麻呂、大伴家持ら万葉人の心を動かし、平安、鎌倉、南北朝、室町、戦国、安土桃山、江戸、明治と現代にいたる長い歴史の記憶が凝縮された稀有なまちです。また、このまちは、近代日本の夜明けを願い奔走した坂本龍馬ゆかりの地であり、宮崎駿のアニメ映画「崖の上のポニョ」が生まれたまちでもあります。今も常夜燈をはじめ、潮の満ち引きに合わせて工夫された雁木(階段状の船着場)、波止場、船底の手入れをするための焚場跡、北前船など船の出入りを監視するための船番所跡や白壁の商家が点在し、江戸時代の佇まいがそのままポッコリ残っています。

尾道発/鞆の浦観光3時間30分/鞆の浦送り
滞在・拝観・所要時間
尾道市内→阿伏兎観音約50分国道2号線を東進し、ベイタウン尾道を経由し県道47号線(鞆松永線)を鞆方面へ。途中、能登原小前交差点を右折し、磐台寺駐車場へ。ウバメバシの林に沿った海岸線の参道を徒歩で2〜3分。
阿伏兎観音約30分険しい海食崖が続く沼隈半島の南端、阿伏兎岬にある磐台寺観音堂は寛和頃(986)花山法皇が航海安全を祈願し、十一面観音石仏を安置したことが始まりと伝えられ、毛利輝元が再建、福山城主の水野・阿部両公などにより修補。浮き世絵師・歌川広重はその絶景を六十余州名所図絵に描いている。
阿伏兎観音→鞆の浦約10分再び県道47号線に合流し右折。鞆の浦へ。
鞆の浦史跡めぐり約120分鞆の浦の史跡(朝鮮通信使遺跡として鞆の浦の象徴的な美しい景観を楽しめる対潮楼、京都の八坂神社の本社ともいうべき歴史を誇る沼名前神社、鎌倉時代の創建と伝えられる安国寺、山中鹿介首塚や七卿落遺跡)、坂本竜馬ゆかりのいろは丸展示館、保命酒屋などお楽しみ下さい。
合計3時間30分小型車17,150円、中型車21,210円、大型車24,010円、ジャンボ車27,160円
  • 尾道発/鞆の浦観光3時間半
  • 尾道発/鞆の浦観光3時間半
  • 尾道発/鞆の浦観光3時間半
  • 尾道発/鞆の浦観光3時間半
  • ●行程内の尾道市内とは、旧御調郡御調町、旧因島市、旧豊田郡瀬戸田町並びに浦崎町を除く地域をいいます。
    各車輌の定員数は小型車(4人)・中型車(4人又は5人)、大型車(4人)、ジャンボ車(9人)となります。
    ●逆コースも可能です。
    ●上記タクシー料金のほか、通行料、拝観料等が別途必要となります。
    ●道路状況等により予定する滞在・所要時間が変更になることがあります。
    バックリンク(0) 参照(1661)