尾道市内→倉敷・美観地区→ 岡山観光/夢二郷土美術館/後楽園/岡山城→ 岡山駅

尾道周辺コース > 尾道発/倉敷/岡山観光7時間

尾道発/倉敷/岡山観光7時間


尾道発/倉敷/岡山観光7時間
 倉敷観光は大原美術館を核とした美観地区が中心となりますが、その周辺ににあるナマコ壁の町並みを散策するのも魅力的です。岡山では大正ロマンの旗手・竹久夢二の夢二郷土美術館、日本三名園の後楽園や岡山城を見学します。 (観光後は岡山駅へお送りします。) 下記の所要時間に食事時間は含まれておりません。
尾道発/倉敷/岡山観光コース7時間/岡山駅送り
滞在・拝観・所要時間
尾道市内→倉敷約70分山陽自動車道を利用
倉敷/美観地区約180分エル・グレコの「受胎告知」をはじめ世界の名画が鑑賞できる大原美術館。柳並木の掘割を中心とした白壁の蔵屋敷や倉敷格子の町家、本町通りの町並み散策。
倉敷⇒岡山/夢二郷土美術館約40分美観地区を離れ、アイビースクエア前の22号線を北上、大島交差点をさらに北上、浜の茶屋交差点を右折して県道389号線(吉備津松島線)を東進する。山陽新幹線に沿って242号線を岡山へ。
夢二郷土美術館約30分大正ロマンを代表する叙情的な詩画人・竹久夢二の代表作「立田姫」「黒船屋」など100点あまりの絵や遺品など展示。
後楽園約50分元禄時代に岡山藩主池田綱政が津田永忠に造らせた遠州流池泉回遊式庭園で日本三名園の一つ。造園当時から丹頂鶴を放し飼いにしていたが、現在は正月元旦だけ見られる。岡山城とともに旭川の中洲にある。
岡山城約40分岡山城は、世界遺産の姫路の白鷺城の白鷺に対し、烏にたとえられ、烏城と呼ばれる。その天守閣からは後楽園が箱庭のように見える。天正元年(1573年)に戦国大名・宇喜多直家が完成させた。
岡山城⇒岡山駅約10分桃太郎大通りを経て岡山駅へ。
合計7時間小型車34,300円、中型車42,420円、大型車48,020円、ジャンボ車54,320円
 
  • 尾道発/倉敷/岡山観光7時間
  • 尾道発/倉敷/岡山観光7時間
  • 尾道発/倉敷/岡山観光7時間
  • 尾道発/倉敷/岡山観光7時間
  • 尾道発/倉敷/岡山観光7時間
  • ●行程内の尾道市内とは、旧御調郡御調町、旧因島市、旧豊田郡瀬戸田町並びに浦崎町を除く地域をいいます。
    各車輌の定員数は小型車(4人)・中型車(4人又は5人)、大型車(4人)、ジャンボ車(9人)となります。
    ●逆コースも可能です。
    ●上記タクシー料金のほか、拝観料、入場料、駐車料等が別途必要となります。
    ●道路状況等により予定する滞在・所要時間が変更になることがあります。
    バックリンク(0) 参照(1339)