三原駅→竜王山(みはらしライン)→白滝山(磨崖仏・龍泉寺)→三原駅

三原コース > 三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望

三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望


三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望
この三原発の観光タクシーコースは、(一社)三原観光協会が設定したタクシー観光コースと説明文を参考にして設定しました。また掲載している写真は、三原市、三原観光協会、(株)ビサン ゼセッションのご提供によるものです。

三原観光Cコース3時間/瀬戸内の多島美眺望
目的地と経由場所滞在・拝観・所要時間見どころや、通な楽しみ方
三原駅(又は市内)→竜王山約28分三原駅西の交差点を直進し、浮城西通りへ進み、西3番ガード南の交差点を左折し、県道25号線に入る。東城分かれ交差点を右折して国道185号線に入る(広島/国道2号/東広島/広島空港の表示。次に宮沖交番前交差点を左折し、沼田大橋を過ぎて和田交差点を左折し、国道185号線に入る。そのまま道なりに進み、海岸に沿って進むと「瀬戸内海国立公園竜王山」「竜王みはらしライン」の標識のある三叉路を右折して、みはらしラインに入る。
竜王みはらしライン約40分 2017年に開通した新しい絶景ロード。 標高445mの瀬戸内海国立公園の山頂に向かう2017年3月に開通した道路で、自転車で駆け上がるヒルクライム道路として注目を集めている。 竜王山の「みはらしライン」は走行距離4.6km、平均勾配8.9%、最大12%で、展望台からの景色は瀬戸内ならではの多島美の眺望が楽しめる。
竜王山→白滝山約35分竜王山を185号線に向かって下る。185号線合流地点を右折し、道なりに西に約3.3km 進み呉線(瀬戸内さざなみ線)安芸幸崎駅を過ぎて約150m先を右折する。次に道なりに北西に進み、約2.8km先の幸崎渡瀬の三叉路を右折し、3.5km進むと龍泉寺、白滝山へ。
白滝山(磨崖仏・龍泉寺)50分白滝山は三原市の南西部、竹原市との境に位置する標高350mの山だ。山頂は巨大な花崗岩となっており、その上にたつと南に瀬戸内海の島々、遠くに石鎚山脈、四国山地、北は吉備高原、中国山地と360度の絶景が 広がっている。
一帯は、白滝山生活環境保全林として整備され、遊歩道をめぐりながら樹木を観察することができる。また山頂の巨大な花崗岩は地元では、八畳岩と呼ばれ、壁面には等身大の半肉彫りの仏像群がみられる。これは麿崖仏で、豊作と平安を祈り江戸時代初期に作られたと考えられている。南側にあるのが釈迦三尊像で、北側にあるのが十六善神像だ。釈迦三尊像は、それぞれ雲に乗り、中尊は釈迦如来座像で、脇侍は迦葉・阿難尊者立像だ。十六善神像は、3面に分けて9体・5体・2体が彫られている。
白滝山→三原駅約27分白滝山駐車場から小泉方面(北側)に下り、右折して県道75号線に入る。道なりに進み定屋大橋南詰(交差点)を左折して、定屋大橋を渡り右折し、県道25号線を三原駅に向かう。
3時間普通車16,800円
  • 三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望
  • 三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望
  • 三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望
  • 三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望
  • 三原観光Cコース3時間/竜王みはらしラインと白滝山の瀬戸内の多島美眺望
  • ●普通車の定員は4人となります。
    ●逆コースも可能です。
    ●上記タクシー料金のほか、拝観料入場料等が別途必要となります。
    ●道路状況により予定する滞在・所要時間が変更になることがあります。
    ●タクシー料金のみPayPay,Rpay,J-Coin PayのQRコード決済が可能です。通行料等の諸経費は現金で承ります。
    ●2020年2月1日より、小型車と中型車は一括して[普通車]区分となりました。
    ●下記に表示されたタクシー運賃料金は2020年2月1日改定されたものを基準としています。
    *下記の動画は、路地ニャン公のおのみちホッと情報@株式会社ビサン ゼセッションの提供によるものです。
    バックリンク(0) 参照(1028)