三原駅→棲眞寺・棲眞寺公園(スカイアーチ眺望)→白竜湖観光農園→白竜湖(椋梨ダム)→米山寺→三原駅

三原コース > 三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり

三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり


三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
この三原発の観光タクシーコースは、(一社)三原観光協会が設定したタクシー観光コースと説明文を参考にして設定しました。また掲載している写真は、三原市、三原観光協会、(株)ビサン ゼセッションのご提供によるものです。

<
三原発大和の里コース5時間/大和の里と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
目的地と経由場所滞在所要時間見どころや、通な楽しみ方
三原駅→棲眞寺・棲眞寺公園約35分三原駅から東進し、東2番ガード南の交差点を左折して県道55号 に入る。中之町交差点を左折して広島方面行きの三原バイパス(国道2号線)に入る。約11km先の本郷大橋東詰の交差点を右折し、本郷/福富/河内の表示がある県道33号に入る。33号線を進み2.7km先の中筋下交差点を右折し、大和の表示がある343号線へ。343号線を道なりに進み、約13km先を左折すると棲眞寺に至る。
棲眞寺・棲眞寺公園60分棲眞寺は、小早川家ゆかりの臨済宗妙心寺の末寺だ。永久元(1219)年、小早川氏の祖である土肥実平・遠平父子が源頼朝の娘であり遠平の妻であった妙仏尼の菩提のために建立した。木造 28部衆立像中13躯(県重文) が現存、十一面千手観音立像は室町時代の作だ。 周辺は公園として整備され、園内の展望台からは、日本一のアーチ橋「広島スカイアーチ」が一望できる。小早川家ゆかりの古刹棲眞寺では、4 月の桜、7月から 8月には、蓮池に美しい蓮の花が咲き、園内を彩る。
棲眞寺・棲眞寺公園→白竜湖観光農園約10分公園駐車場から北東へ県道49号線沿いの道を1 .9km進み右折し、350m先を左折。大和町大草まで進み、右折して国道486号線に入る。500m先の左手に白竜湖観光農園がある。
白竜湖観光農園60分白竜湖観光農園では梨10種類、いちご6種類、ぶどう7種類、ブルーベリー4種類、さくらんぼ7種類を栽培する農園です。 ほぼ1年を通して生産される果実は、水はけの良い土質、長年に亘る土づくり、昼夜の寒暖差などにより糖度がのりやすく大変人気がある。 農園の果物を使用して完熟した果物をひと粒ひと粒大事に収穫し、すぐに冷凍処理して、ジャムなどの加工品を生産している。入園料は無料で、フルーツ狩りは事前予約要で有料。一年中、季節に応じたフルーツ(いちご、なし、ぶどう、さくらんぼ)狩りができる。
白竜湖観光農園→白竜湖約9分白竜湖観光農園から西方向に120m進み右折し国道486号線に入る。道なりに1.8km進んだ和木(交差点)を左折して 国道432号(竹原/河内の表示) に入る。1.8m先の左側にある白竜湖を渡る赤色の橋を渡り、左折する。
白竜湖(椋梨ダム)40分椋梨ダムによってできた754万トンの貯水量を持つ湖。湖の岸辺には桜並木が連なり、水面に映える桜の名所と して知られている。4 月には提灯による桜並木のライトアップが行われ、幻想的な夜桜を見ることができる。 湖西側には釣りやパークゴルフも楽しめる広場もあり、ドライブの休憩所として整備されている。また湖東側 に位置する「道の駅よがんす白竜」には特産品が買える産直市場があるほか、少し上流には広大なスポーツ村公園があり、さまざまなスポーツを楽しむことができる。
白竜湖→米山寺約36分白竜湖から約850mほど南西に進み、左折し国道432号線に入る。約5.km先の右手にある東広島市河内町の河内郵便局を通過し300m 先を左折し県道33号に入る。13.4kmほど進んで本郷大橋東詰(交差点)を左折して国道2号に入る (福山/三原 の表示)。国道2号線を東進し、仏通寺入口(交差点)を右折して小原大橋/県道362号(小泉の表示)に入る。そのまま362号を進み小原工業団地に入り、左手のDNP ファインオプトロニクス三原工場を過ぎて左折する。道なりに小道を1.2km進み、米山寺の立て看板を右折し150m先に米山寺がある。
米山寺30分1153(仁平3)年に天台宗の寺として建てられた寺院で、1235年(嘉禎元年)小早川茂平が念仏堂を建立した、小早川家の菩提寺だ。山門手前の参道右側には小早川家の初代実平から17代隆景までの宝篋印塔20基の墓が整然と並んでいる。宝篋印塔の中で一番大きい高さ2.5mの供養塔は、国の重要文化財で、小早川隆景の墓も県の史跡に指定されている。全国的にこれほど保 存がよく整然と2列に並んだ宝篋印塔は他に例を見ない重要な文化遺産である。
寺の宝庫には絹本著色小早川隆景像(国の重要文化財)がある。この隆景像は1594(文禄3)年京都大徳寺の塔頭、黄梅院の玉仲禅師が寿像(生きているうちに書いた人の像) に賛をした衣冠束帯の像で、威風堂々としたものである。
米山寺→三原駅約20分米山寺から沼田西町まで進み、県道362号、県道75号を経由し三原駅へ。
5時間普通車28,000円
  • 三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
  • 三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
  • 三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
  • 三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
  • 三原発・大和の里と古寺コース5時間/大和の自然と古寺[棲眞寺・米山寺]めぐり
  • ●普通車の定員は4人となります。
    ●逆コースも可能です。
    ●上記タクシー料金のほか、拝観料入場料等が別途必要となります。
    ●道路状況により予定する滞在・所要時間が変更になることがあります。
    ●タクシー料金のみPayPay,Rpay,J-Coin PayのQRコード決済が可能です。通行料等の諸経費は現金で承ります。
    ●2020年2月1日より、小型車と中型車は一括して[普通車]区分となりました。
    ●下記に表示されたタクシー運賃料金は2020年2月1日改定されたものを基準としています。
    *下記の動画は、路地ニャン公のおのみちホッと情報@株式会社ビサン ゼセッションの提供によるものです。
    バックリンク(0) 参照(1259)